楊心道場 JAPAN -子ども英語で柔術-


場所: 草加市立栄小学校

日時: 毎週 月、木曜日 17:00-19:00


楊心道場JAPANで子供が柔術をやるべき5つの理由

1. 「いじめない、られない、いじめをとめられる」子になる柔術の経験により、学校でのいじめっ子の暴力が怖くなくなる。どこまでやっていいか、いけないかという”限度”とやられる”痛み”を知ることができるため、相手を痛めようと思わなくなります。また、相手も自分も怪我をしないで戦うことの大事さを体得し、誰かを怪我させようとも思わなくなり正義感が育ちます。

2. 脳が発達し、倫理的思考が身につく 定期的な運動は脳の発育に必要不可欠です。柔術は倫理的に構築されたスポーツですので、それを学習する過程であらゆる勉強の基礎と「英語で聞ける耳」が自然と身に付きます。

3. コミュニケーション能力が育つ 体と体のぶつかり合い、取っ組み合いのコミュニケーションは人と人との心の壁を簡単に取り払います。子供時代にそれを体験しておくと、人との対面、話し合いを恐れない人間になります。

4. 怪我しづらい、丈夫な身体になる 柔術により身体の柔軟性、筋力、バランス感覚が付くため普段から怪我しにくい体になります。 また、柔道や空手よりも怪我する機会は少ないといわれています。

5. 礼儀と躾(しつけ)を覚える 柔術での基本的な教えは相手がいないと成立しないため、相手を思いやったり、尊重、感謝することを学びます。

FaceBook

楊心道場 Japan